女の子の大事な行事|端午の節句のキーアイテム|伝統ある五月人形でお祝い

端午の節句のキーアイテム|伝統ある五月人形でお祝い

女の子の大事な行事

ひな人形

桃の花をなぜ飾るのか

3月になると、女の子のお祭りであるひな祭りが待っています。ひな祭りとは、雛人形を飾って、子供が健康に成長する事を祈願する祭りです。一般的に、ひな祭りでは雛人形の他に、ひし餅、あられ、桃の花も一緒に飾る事が決まりです。3月の花というと、桜をイメージされる方が多いです。そのため、どうして桃の花を飾るのか疑問に感じるものです。そもそも桃は、中国では邪気を祓い、不老不死の力を与えてくれる果実と認識されています。ひな祭りが始まった当初、中国の考え方が伝わったので、桃を飾るようになりました。桃は生命力の象徴なので、その力にあやかろうと考えたのです。また、日本の旧暦に当たる3月3日は、ちょうど桃の花が咲く頃だったことも理由です。

雛人形を飾るタイミング

ひな祭りとは、雛人形を自宅に飾って、女の子の健やかな成長を願う祭りです。人形を自宅に飾る事で、女の子が受ける不幸を身代わりとして受けてもらえるのです。そのため、幸せな人生を送ることができるといわれています。ただ雛人形を飾る際に、いつ飾れば良いのか迷ってしまう人は多いです。基本的に、ひな祭りの前日に慌てて飾るのは厳禁とされています。急いで飾ると、あまり縁起が良くないからです。正しくは、水に関係する行事なので、2月18日の雨水の時期に飾ると良いです。また、片付ける時期については、遅くとも3月中旬までに行う必要があります。面倒だからといつまでも飾っておくと、湿気で人形にカビが生じる恐れがあるからです。